当社は、1982年10月に社長 野沢巧 を代表とし、廃棄物の再資源化を実証すべく

“プラスチックの再生 加工・販売”を事業として設立いたしました。

創業するにあたっては、1971年にアメリカへ渡りプラスチック業界の実状を視察する

とともに 技術力 経営方法 など、様々な知識を学んできました。

日本におけるプラスチックの再生事業は、高度成長に伴って1960年代後半より急速に

発展してきました。その事業内容といたしましては、プラスチック製造・加工工場から

排出される、製品のオフグレード品 加工屑 をベースに単一樹脂のペレットを製造する

“単純再生”と、異樹脂が混合したものを 土木建設資材・住宅用部材 などに加工する

“複合再生”とがありますが、当社はその両方の機能を兼ね供えております。

 最近は、1996年に 『ISO14001』〜環境マネジメントシステム〜 が発表

されるなど、世界的に環境問題への関心が高まってきております。当社も、独自の

リサイクルシステムを実施し、“限られた資源の有効利用”“地球環境の保護”に

大きく貢献できるものと信じております。
    

  
  
    
代表取締役 社長

野 澤 巧